iPhoneを落下させてしまった!一見大丈夫そうだけど何か影響はある?

iPhoneを使っていて、ついうっかり落としてしまうこともあります。iPhoneは精密機器であるため、落下などの衝撃にあまり強くはありません。故障していないかどうか心配になるでしょう。ここでは、iPhoneを落下させてしまったときに出てくる影響や、その対処法について解説していきます。

iPhoneを落下させたときに最初にチェックすべきところ

iPhoneを落下させてしまったら、次のような箇所に異常がないかチェックしてみましょう。

液晶画面や筐体

最初に液晶画面が割れていないかどうか確認しましょう。iPhoneの液晶画面は、強化ガラスでできており、人間の背丈くらいの高さから落下しても、割れることはありません。

しかし、階段の上などもっと高いところから落下すると割れてしまう可能性があります。あまり高くないところから落下した場合でも、傷がついてしまうことは多いです。また、背面や側面など筐体にも傷やひび割れなどができることがあります。

割れている部分があると、そこから水やゴミなどが入り込む可能性があるため、修理が必要です。

タッチパネルの操作

目立った傷がなくても油断はできません。タッチパネルの操作が正常に行えるかどうかもチェックしておきましょう。落下前と比べて反応が悪くなっている場合には、故障の可能性があります。

カメラのレンズ

カメラのレンズはiPhone本体からやや飛び出してたデザインになっているため、落下時に壊れやすいです。割れているとカメラが使用できないばかりか、そこから水やゴミなどが入り込むリスクがあります。

内部に影響が出ている可能性も

外側から見える部分が一応無事でも、内部に影響が出る可能性があります。後から次第に不具合が出てくることもよくあるため、落下直後は何ともなくても安心はできません。

バッテリー

iPhoneが落下するとその衝撃がバッテリーにも及びます。外からは見えないため分かりづらいですが、衝撃の影響でバッテリーが膨張してしまうこともあるため注意が必要です。

バッテリー膨張の影響が落下直後に出ることはあまりありませんが、そのまま使い続けると、バッテリーの性能が低下していることに気づくこともあります。ひどい場合には発熱しやすくなったり破裂したりすることもあるため危険です。

基盤や配線

バッテリーと同様に基盤や配線が落下の衝撃で破損してしまう可能性があります。基盤はかなり強い衝撃でないと破損する可能性は低いですが、細かなコネクタや配線などが断線する可能性は十分にあるでしょう。

そうなると動作不良を起こし、起動できなくなったり、操作できなくなったりすることもあります。

iPhoneを落下させてしまったらやっておくべきこと

うっかりiPhoneを落下させてしまったら、慌てず次のように対処しましょう。

バックアップを取る

iPhoneを落下させた直後に特に異常がなくて、しばらく時間が経過してから不具合が出てくる可能性があります。データが消えてしまったり起動できなくなってしまったりすることもあるかもしれません。

そのため、正常に動作するうちにバックアップを取っておきましょう。そうすれば、後からデータが消えてしまっても安心です。

異常が確認されているなら修理に出す

既に何らかの異常が確認されている場合には、早めに修理に出しておきましょう。軽い異常でとりあえずは起動できて操作もできるような状態だと、つい修理を先延ばしにしてしまう人もいるかもしれません。

しかし、異常が出ている状態で放置してしまうと悪化する可能性もあります。そうなると、修理費用も高くついてしまうでしょう。

iPhoneの落下による故障を防止するための対策

iPhoneの落下による故障を防止するため、次のような対策を講じておきましょう。

iPhoneケースを付ける

iPhoneケースを付けていれば、落下させてしまったときでも、その衝撃を抑えることができます。画面から背面まで全面を覆う手帳型ケースならより効果的です。

厚みが気になる場合には、背面と側面だけ覆うタイプのケースや、側面だけのバンパーフレームケースを使うといいでしょう。

液晶保護フィルム・液晶保護ガラスを貼る

iPhoneの画面に液晶保護フィルムを貼ることで、画面割れを防止できます。傷などもつきにくくなるでしょう。薄くて柔らかいため、画面を見たりタッチパネル操作をしたりするときに、違和感を覚えることはほとんどありません。

また、液晶保護ガラスならガラス製で厚いため、より強力にiPhoneの画面をガードできます。

スマホリングを付ける

スマホリングは、スマホの背面に取り付けて、スマホ操作時に指を通して使用するものです。これにより、iPhoneをついうっかり落としてしまうのを防止できます。その上、片手でも操作しやすくなるので便利です。

まとめ

iPhoneを落下させてしまうと、画面やカメラ、バッテリーなどに異常が出やすいです。落下直後は何ともなくても、後から不具合が出ることもあります。誤って落下させてしまったら、まずはバックアップを取っておきましょう。そして、異常が確認されたら、早めに修理に出しておくのが無難です。