Xperiaシリーズを徹底比較!買い換えるならどれがいい?

Xperiaシリーズはソニーのブランドで、スマホが出始めのころからありました。国内メーカーで長くスマホを手掛けているということもあり、愛用している人も多いでしょう。

ただ、Xperiaの中でもたくさんのモデルがあるため、買い換えなどの際に、どれがいいか迷う人も多いかもしれません。ここでは、歴代のXperiaシリーズのモデルを比較しながら紹介していきます。

Xperiaのメリットとデメリット

Xperiaを購入する際には、次のようなメリットとデメリットを認識しておきましょう。

音質が良い

ソニーと言えばウォークマンが有名です。スマホがなかった時代には、外出先で音楽を聞くときにウォークマンを使っていた人は多いでしょう。そのウォークマンの高音質技術により、Xperiaでもかなり音質が良いのがメリットです。

ディスプレイサイズが21:9の比率

スマホのディスプレイのアスペクト比は機種によって異なりますが、16:9が主流です。その中でXperiaのほとんどのモデルは21:9の比率を採用しています。そのため、これまで他の機種のスマホを使っていた人がXperiaに乗り換えると、やや違和感を覚えることもあるかもしれません。

また、人によっては片手で持ちやすいと感じることもあります。スマホで映画を見ることが多い人なら、むしろ映画館の画面比率に近い21:9の方が合っているかもしれません。

Xperiaの21:9という画面のアスペクト比は、メリットにもデメリットにもなりえます。

ゲームをする人やカメラ性能を重視する人におすすめのXperia

スマホで3Dゲームをよくする人や写真撮影、動画撮影をする人には、Xperiaの中でもハイエンドモデルがおすすめです。

Xperia 1 III

現在発売中のXperiaシリーズの中で、もっともハイスペックなのが「Xperia 1 III」です。2021年夏に発売されたモデルで、5Gやワイヤレス充電、FeliCaなどにも対応しています。RAM容量も12GBとかなり大きめです。搭載されているCPUはSnapdragon 888で非常に処理速度が速く、3Dゲームもサクサク動き、快適にプレイできます。

カメラ性能に関しては、2つの可変式望遠レンズを使用しているのが特徴です。光学2.9倍と4.4倍を切り替えることができて、遠くの被写体も綺麗に撮影できます。

価格は15万円を超えるくらいでかなり高めですが、キャリアショップで割引が適用されれば、10万円前後で購入可能です。

Xperia 5 II

スペックを求めつつも、もう少し価格を抑えたモデルが欲しいという人には、「Xperia 5 II」がおすすめです。2020年秋に発売されたモデルで、型落ちということもありハイエンドモデルながらも10万円前後で購入できます。キャリアショップで割引が適用されれば6万円前後で購入できることもあり、「Xperia 1 III」と比べると、だいぶ割安に感じられるでしょう。

CPU性能は「Xperia 1 III」よりやや劣りますが、それほど大きな差はありません。5GやFeliCaにも対応しています。

価格を重視する人におすすめのXperia

Xperiaシリーズは価格帯が幅広いため、リーズナブルな価格で購入できるモデルもあります。

Xperia Ace II

「Xperia Ace II」は2万円台前半で購入できるとてもリーズナブルなスマホです。それでも、ゲームや重い処理を必要とするアプリを使うのでなければ、さほど不便に感じることはないでしょう。SNSや動作の軽いアプリ、ネットの閲覧くらいであれば快適に使用できます。

アウトカメラのレンズは2つですが、広角レンズの方は1,300万画素で、写真撮影をするには十分な性能です。

また、バッテリー容量が4,500mAhと大容量で劣化しにくいものを使用しています。画面サイズが5.5インチと小ぶりで持ち運びしやすいのもメリットです。

Xperia 8 Lite

「Xperia 8 Lite」は3万円前後で購入できます。「Xperia Ace II」よりはやや高めですが、十分リーズナブルで、価格重視の人におすすめです。

スペックは「Xperia Ace II」と似たりよったりで、CPU性能もカメラ性能もそれほど大きく変わりません。

ディスプレイは、6.0とエントリーモデルにしては大きめです。バッテリー性能は「Xperia Ace II」ほど高くはありません。容量が2,870mAhと、Xperiaのモデルの中では少なめです。

バランスを重視する人におすすめのXperia

スペックも価格も中間くらいのXperiaを探している人には、次のモデルがおすすめです。

Xperia 10 III

「Xperia 10 III」は、Xperiaの中でもミドルレンジに位置づけられているモデルです。5万円を少し超えるくらいの価格で購入できます。

RAM容量が6GBあり、CPU性能もそこそこ高いため、軽めのゲームならサクサク動くでしょう。5G対応でバッテリー容量が4,500mAhと大きめで長寿命なのもメリットです。

アウトカメラは3眼レンズで、ナイトモードやオートHDRなどの機能も付いています。写真や動画をよく撮影する人にもおすすめです。

まとめ

Xperiaシリーズはハイスペック志向のモデルから、価格重視のエントリーモデルまで揃っています。3Dゲームや動画撮影をよくする人にも、ライトユーザーの人にも、ピッタリのモデルが見つかるでしょう。スマホをXperiaに買い換えるなら、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です